一生もの記念品となる結婚指輪、魅力あるものを選ぶのが吉

人気な商品

綺麗なヘッドピン

結婚指輪はプラチナでプレーンなデザインのものをつけている方を見かけることは多いでしょう。
お風呂や就寝時にも外さないという考え方もありますが、実際は状況に応じてつけたり外したりする方も多いのではないでしょうか。
結婚指輪は本来は夫婦の証という意味合いであったものが、現代ではオシャレの一部として捉えられている部分もあります。
そのため、夫婦それぞれ気に入ったデザインのものを選んだり、石をたっぷりと使った結婚指輪も人気があります。
しかし、装飾性の高い結婚指輪は冠婚葬祭の時に適さない場合もあります。
プレーンなデザインであればどんな時でも着けることができるため、既婚の大人のマナーとして一つは持っておいた方が良いアイテムと言えるでしょう。

ジュエリーの身に着け方は時として特別な意味を持つこともあります。
特に気をつけなければならないのが、葬儀や法事などの場においてのジュエリーです。
華やかに見える装飾品は避けた方がよく、宗派によっても違いはありますが結婚指輪以外は着けない方が無難である場合が多いのです。
しかし、この場合の結婚指輪はあくまでシンプルなデザインのものが想定されており、昨今流行している石で囲まれたようなデザインの物やデザイン性の高い物は気をつけた方が良いと言えます。
世代によっても考え方が違いますし、価値観は人それぞれですので誤解をされることもあるでしょう。
お仕事や普段のお出かけなどで使う物とは別にシンプルな物を用意しておくと安心ではないでしょうか。